窓リフォームのポイント

ポイントを押さえた対策で、住まいの快適性をアップします。

結露対策

結露の正体は空気中の水蒸気。暖かく湿った室内の空気が冷たい窓に振れると、空気中の水蒸気が水滴に変化していまます。つまり湿気をためないことが結露対策の第一歩です!
対策のポイントは、部屋の湿気をおさえることと、住まいを断熱すること。
冷えにくい窓にするには、プラスチック素材を取り入れた断熱窓への交換や、内窓をつけて二重窓にする、複層ガラスに交換するなどの対策がおすすめです。谷岡産業株式会社では、お部屋の構造や状態に合わせてご提案差し上げます。

断熱対策

熱は主に窓から逃げ出しています。窓からは、夏73%、冬58%もの熱が出入りしています。「暖房が効きにくい」「冷房にしてもなかなか冷えない」といった親波は、窓の断熱性の悪さにあると考えられます。
つまり、窓を断熱すれば、冬あたたかく夏涼しい快適な生活になります!
断熱を考えた窓選びをすることで、一年を通じて屋外の気温の影響を受けにくくなります。冷暖房が効きやすく、少ないエネルギーで済むため、地球にも光熱費にもやさしい窓にできます。
地域の気候などによって、住まいに必要とされる断熱性能のレベルは異なります。お住まいの地域・環境に合わせた最適なプランをご提案差し上げます。

日射対策

夏を快適に過ごすには、日差しを上手に遮ることが大切です。窓から入り込む夏の日差しは、その太陽光の熱(直射熱)ばかりか、床にあたった熱が部屋の奥へ反射する(反射熱/輻射熱)などして、お部屋全体を熱する原因になっています。昔ながらの「すだれ」「ひさし」「オーニング」などを使って窓の外側で熱を遮ると効果的です。
それでも遮れない熱は、ガラスの性能で効果的にカットしましょう。写熱タイプのガラスやブラインド入りのガラスへの交換、シャッター・雨戸の設置など、お部屋にあった対策をご提案差し上げます。

防音対策

騒音ストレスをなくして快適・快眠!窓は音の出入り口なので、表通りに面したお部屋や寝室などには、特に音対策をおすすめします。目指す騒音レベルは昼45dB以下、夜35dB以下です。
対策には、内窓をつけるなど、防音性能の高い窓やガラスに交換することが有効です。内窓をつけて二重窓にするだけで、騒音がマイナス40dBもダウン。ガラスの厚さを変えたり、窓を二重窓にすることで、室内に入ってくる音を、望ましいレベルにまで引き下げられます。
お住まいの周辺の騒音レベルや、居室、寝室などお部屋の目的に合わせてご提案差し上げます。

防犯対策

住まいの防犯は窓から考えましょう。泥棒の侵入口でもっとも多いのが窓から。その割合は、戸建て住宅ではなんと約7割が窓からの侵入です。
泥棒は、侵入に5分以上かかると約7割が侵入をあきらめるというデータがあります。「泥棒に嫌われる窓」にすることで、防犯性を高めることができます。二重窓など、見た目にも侵入が大変そうな窓にすることも有効です。
推すまいと窓の状況に合わせてさまざまな訪販配慮商品やCPマーク(侵入に5分以上かかることが認定された商品)をご提案差し上げます。